忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
プロフィール
HN:
透析さん
性別:
男性
職業:
全力で週3の人工透析
趣味:
映画鑑賞


My Yahoo!に追加
最新コメント
[12/31 すーさん]
[12/22 あぼん改めばす]
[12/02 すーさん]
[11/26 名無しの透析患者]
[11/21 真]
[11/19 ちかひめ]
[11/19 ちかひめ]
[11/06 すーさん]
[11/04 亀さん]
[10/31 すーさん]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

慢性腎不全患者の食事療法について簡単にですが書いてみます。

1・カロリーを十分にとる
摂取するエネルギー量(カロリー)が不足すると、体内に貯えられていたたんぱく質がエネルギー源として消費されます。その結果、筋肉組織などの細胞が壊されて血液中の窒素化合物が増え、腎臓の負担が大きくなります。また、細胞内にあったカリウムが血液中に流出するため、カリウム濃度も上昇し、心臓に悪影響を与えてしまいます。たんぱく質を制限しているときは糖質や脂質でエネルギーを補う必要があります。

2・タンパク質の摂取制限をする
脂質や糖質と異なり、たんぱく質が代謝されると老廃物(窒素化合物)が残ります。この老廃物は腎臓でろ過されて尿中に排泄されるため、大量にたんぱく質をとると腎臓の負担が増え、ますます腎機能を悪化させる事になります。そのため、腎臓病ではたんぱく質の制限が必要になります。

3・塩分の摂取量の制限をする
塩分は血液の浸透圧を保つために大切です。しかし、腎臓の機能が低下すると、塩分や水が尿として排泄できなくなり、むくみの原因となります。また、高血圧も塩分の取りすぎによって起こります。塩分制限が不十分であると、利尿剤の効果が半減してしまうといわれていますので、塩分の制限を守りましょう。

4・カリウム、リンの摂取量の制限をする
腎臓の機能が低下するとカリウムが排泄できなくなり、血液中のカリウムが増加することがあります。カリウムの増加は不整脈を起こしたり、心臓を停止する危険がありますので、医師によりカリウム制限を指示された場合は、カリウムの制限を守るようにしてください。

5・適切な量の水分をとる
透析の終了時から次の透析までの間の体重の増加は、水分が溜まるためです。透析の患者さんにとって、体重管理とは即ち水分管理です。また、塩分をとりすぎると喉が渇くため水分の制限が難しくなります。

ざっとこんな感じです。
しかしその程度等は慢性腎不全の原疾患や合併症、透析療法の内容、あるいは年齢等によっても異なりますのでご注意を。
PR
透析ブログ内検索
透析カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
透析医療関連検索

マイクロアド
旅行に行くなら
携帯用バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]