忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
プロフィール
HN:
透析さん
性別:
男性
職業:
全力で週3の人工透析
趣味:
映画鑑賞


My Yahoo!に追加
最新コメント
[12/31 すーさん]
[12/22 あぼん改めばす]
[12/02 すーさん]
[11/26 名無しの透析患者]
[11/21 真]
[11/19 ちかひめ]
[11/19 ちかひめ]
[11/06 すーさん]
[11/04 亀さん]
[10/31 すーさん]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

透析仲間の皆さん、こんばんは。

東日本大震災の3月11日からなんだかんだと約3週間が経ちました、私の住んでいる辺りは直接的な被害の無い地域であったので一時的にガソリン渋滞などもありましたが今はガソリン渋滞を見かけなくなりました、被災地の方にも優先的に回っていれば良いのですが…
今はガソリンよりも水の方が貴重な存在になっているのかも知れませんけど…

あのような事があり、今現在も福島原発の放射能汚染の問題が継続しており、何をここに書き込んで良いのか分からないまま私の透析生活は4月に突入しました。

亀さんのお知り合いの方が陸前高田市に住んでいらっしゃるというコメントを頂いて、その後安否は確認出来たのか?無事でいてくださったらいいな、などと考えながら、この透析ブログを訪れて下さった方やその友人や親戚、お知り合いの方などが震災の被害に遭われた方もいらっしゃるんだろうなという事を考えていました。

私の4月に入ってからの透析生活に特に変わった事はないのですが、この前コメントでお尋ねされたように「透析、災害マニュアル」のような物を先日、透析に行った際に頂いてまいりました、中にはやはり災害時には落ち着いて医師や看護師の指示に従い・・・などや透析が受けられなくなった場合の食事や水分の管理方法などの災害時にどうすれば良いのか?という事が書いてあります(まだ私も詳しく読んでいないので、細かい部分はすいません)、これはもしかしたら全国的ものなのかも知れませんし都道府県行政が個々に行っているものなのかも分かりませんので読んだ方もいらっしゃるかも知れませんね。

でもパラパラと読んだ限りではとても適切な事が書いてありました、これは確かに透析患者は必読だなというような内容でした(あくまでもパラパラとしか読んでいませんが・・・)

最近、透析前の日はあまり眠れないのでこんな時間に思い立ちブログを更新してみました。

少しでも多くの方が早く元以上の生活に戻れますようにと思いながら、また明日も透析に行って来ます。

透析仲間の皆さんも季節の変わり目ですので体調管理には気をつけて透析生活を送って下さいね、少しでも早く以前にも増して日本が良い国としてまた立ち直る事が出来る事を私も祈っています。

戻る   続く
PR
≪  357  356  355  354  353  352  351  350  349  348  347  ≫
HOME
Comment
一週間ぶりのご無沙汰です
透析さんこんにちは、今日は立川の昭和記念公園に行ってきました。天気は最高、多種多様のチューリップがまたアイスランドポピーが一杯咲き誇っていました。久しぶりに緑に触れて隠居の贅沢を味わいました。さて、ちょっと前の話になりますが、透析さんのブログを初めて拝見させて頂いたのは私が3年前にいよいよ透析しなければならなくなった時、どのような心の持ち方で今後人生をおくって行けば良いのかと捜していた時でした。私の場合はもう定年間近でしたので早めの退職を選んでしまいましたが今思うと仕事仲間に迷惑になる事を恐れていたような気がします。まぁ、各自自分の思う道を後悔の無い様に選んでほしいものです。話は変わりますが、あまり食に執着がないとの事、逆にちょっと心配になりますよ。血液検査でリン5.0、カリウム4.8なんて超優等生過ぎですよ。ちなみに私のドライウェイトは約80kgですが昨日は5リットルも引いてしまいました。さすがに夕食後に血圧が下がり2時間ほど動けませんでした。(ちょっと反省) 取り止めのないことを長々と書いてしまい済みませんでした。お互い透析中に地震がこないことを祈って、それではまた。お体お大事に。
いいかげん 2011/04/26(Tue)17:03:46 編集
Re:一週間ぶりのご無沙汰です
いいかげんさん、こんばんは。
一週間ぶりですか、透析患者の一週間というのは本当に早いものですね。
立川の昭和記念公園ですか、聞いた事はありますが私は行った事がありませんけど良い所のようですね。
最近、緑に触れるような事がないので羨ましいです。
透析導入時における心構えというのは本当に難しいものですよね、私の場合そこそこ若い頃(30代前半ですが…)に透析導入しましたので一時は本当に死をも考えたりしました、でも今は何とか無理をしないで熟睡したままの透析生活を
送る事が出来ていますので何とか今まで透析生活を無事に送る事が出来ています。
確かに周りの人との付き合い方とか色々と考えてしまいますよね、私の場合は自営なのでそんなに周りに気を使う必要はなかったのですが、それでも当初は一緒に食事をしたりする時に水分摂取量や食事内容などで自分が透析患者になってしまった事を説明したりするのが結構面倒でした(笑)
私は基本的に知人に自分が透析患者である事を隠す事は無いので、時間が経って周りが私の体の事を理解してきてくれると逆に気を使ってくれたりする事が多くなってきてそれはそれでなんか悪いなと思う事もありました。
まあ、家族や周りに透析を受けている人がいない人にとって透析とは聞いた事や血液を機械で浄化するというくらいの知識しかないでしょうからそれも仕方ない事ですね。
私も自分の思うように透析生活を送っていますが、それでも時々本当にこの透析生活が嫌になってしまう事がちょくちょくあります、肉体的問題もありますが精神的問題の方が大きいですからね、透析というものは…
私が食に執着が無いのは透析導入前からの事なので、個人的にはあまり辛い事は無いのですが、どちらかというと水分制限の方が私にとっては厳しいですね。
私の場合一回の透析4時間で3.6キロまでしか引いて貰えないので週末は水分の取り過ぎに注意しています、まあたまに引き残りが出る時がありますが一週間トータルで残る事は今のところないので特に注意されたりとかはほぼありません、というか私の通っている透析施設は基本的に放任主義的な感じなので余程の事が無い限り注意や指導を受ける事は無くなりましたね(透析導入したばかりの頃は色々と指導はありましたが、最近はほぼ指導もなくなりました(笑))
血圧は私も一時凄く低い時があったので分かりますが、あれ辛いですよね…
透析が終わって家に帰る時がかなり辛かったです。
透析中の地震は怖いですね、もうこの前のような経験はしたくないですね。
最近は春なのに肌寒い日が多いのでいいかげんさんも体調管理には気をつけて下さいね、それではまた。
2011/04/28 04:30
はじめまして
初めまして わたくし透析3年目で好き勝手に生きていると周りには思われている者です。確かに透析さん同様に頑張らない透析生活をモットーにしてはいますが私なりにはストレスを溜めないよう生きることこそ周りに迷惑をかけない方法だと考えているからです。とはいえ毎週月曜日のドライウエイトがかなりきつくなっているのは自己嫌悪なんですがね(笑い)先日の地震の時は一本目の針を刺したときに揺れ始めたものでそのまま針が刺さったままの状態で30分くらい様子見という災難に会いました。これからも色々参考にさせていただきますの宜しくお願いいたします。
いいかげん 2011/04/19(Tue)18:20:08 編集
Re:はじめまして
いいかげんさん、はじめまして、こんばんは。
私も多くの透析患者さんに比べるとかなりいいかげんに透析生活を送っています(笑)
ただ私の場合、食にあまり執着が無いですしお酒も飲みませんので一回での透析で引き残しがある事は年に何回かくらいしかありません、私の場合体重増加の多くの原因は水分摂取量であると思います。
冬場の乾燥時などに喉が渇き水分を摂取しすぎてしまう事がたまにあります、まあ本当にたまになので透析施設でも特に指摘される事はありません、私の通っている透析施設は基本的に放任主義みたいですので(笑)
私やいいかげんさんのように頑張らずに過ごしている透析生活ですが、やはり透析患者ならではの悩みという物も結構あります、というか悩みはそれなりに多い方かも知れません30代前半で透析導入しもうそろそろ40になります、労働する事による自分自身の体の衰えや週末の透析無しの中二日などはやはり結構辛いものがありますし、将来の事や周りの環境など様々な悩みや苦しみがあります(これは健常者の方でも有り得る事であるとは理解していますが、自分が透析患者で障害者だという事で少し甘えてしまっている部分もあるのかも知れません…)
なるべくストレスを溜めない事、これは透析患者に限らずとても良い事であると思いますが、ストレスを溜めない生活というのはなかなか難しいですね。
先日の東日本を襲った大震災の時は私も透析中だったのでかなりびっくりしました、透析生活始まって以来の出来事だったので、頭では緊急時の透析離脱方法などは多少なり理解していたつもりでしたがいざとなると何も出来ないものですね…
あまり透析生活において役に立つブログではないですがストレスが溜まってしない愚痴りたい時やいいかげんさんの透析日記のようなコメントでも良いので宜しければいつでも気軽にコメントして下さいね。
ここ数日、春だというのに肌寒い日が続いています、気温の変化で体調を崩さないように気をつけて下さいね。
それでは、またのコメントお待ちしています。
2011/04/21 00:01
無題
透析さん、
こんにちは、
透析さんとは親子ほども年が違うと思いますが、このブログを訪れるようになって以来、透析さんの書くこと、投稿される方々へのコメントなどを見ていてとても好感を持ち、尊敬してました。今回の私の入院に関してはご心配をおかけするので黙って入院しようとも思ったのですが、何時も気にかけて下さっている透析さんの事ですから、私の書き込みの無い事を余計に気遣ってくださるだろうと思い、明日から入院すること告げることにした次第です。現時点では入院期間がどのくらいになるのかは私にも判りませんが、頑張って治療に専念するつもりです。暫く投稿できませんが、このブログが透析患者の方々、またはこれから透析導入と言う方達の拠り所になることを願っています。
もし病室にパソコンが持ち込めれば病室からでも投稿させていただきますが、透析さん、これまでのご高配を感謝いたします。
亀さん 2011/04/18(Mon)10:30:30 編集
Re:無題
亀さん、こんにちは。
今、今週最初の透析に行く準備をする前にこの亀さんから頂いたコメントを読ませていただきました。
亀さんは未熟な私に様々な事を教えて下さいました、私が亀さんからの透析に関する質問や疑問以上にたくさん色々な事を教えていただきました。
こちらこそ、本当にありがとうございます。
入院の事を教えて下さって、ありがとうございます、別れの挨拶みたいになってしまうと嫌なので私は亀さんが入院して治療を行い、しばらくしたらまたこのブログに退院しましたよと言って顔を出して下さる事を信じています。
ご自身が入院治療に向けて忙しい中、私にコメントを下さり嬉しく思っています。
今の日本の透析患者には亀さんのように透析患者の先頭に立って下さっている方がまだ必要です、亀さん、プロ野球も開幕しました、まだまだこれからも亀さんのお好きな駅伝やマラソンもたくさん開催される事と思います。
私はまた来年も亀さんに「東京マラソンの時期がやってきましたね」などという会話が出来る事を信じています。
治療、大変な事も多いかと思います、でもそこは亀さんの船乗り魂で乗り越えきっと元気になって帰ってきてくれる事を私は信じています。
透析患者の方にはあまりかけた事の無い言葉ですが、あえて言わせていただきます、亀さん頑張って下さい!必ず元気になってまた私に色々な話を聞かせて下さい。
信じています…
2011/04/18 12:53
久しぶりの投稿です。
透析さん、
こんにちは。
今回の東北、関東沖大地震、大津波で重大な災害を受けられた多くの皆さん方に心からお見舞いを申し上げます。被災された透析仲間がどのような透析環境にあるのかとても心配なのですが、私個人としては何のお手伝いもする事が出来ず、大変気を揉んでいます。

前回、投稿したのが大震災発生の翌日で災害の実情も未だ詳しくは判っていなかった時点でしたが、その後、日毎に死者、行方不明者の数が増え続け、現在では既に死者、行方不明者数は3万人に迫る数字になってきました。被災地の映像を見る度にタダタダ呆然としています。そんな中、被災地の方々は苦しい避難所での生活を冷静に整然と過ごされている事に多くの海外メディアは賞賛の報道をしていると聞きますが、半面、福島原発の放射能漏れ、汚染問題では東電、政府の初期対応の拙さを外国政府や海外メディアから批判されているとも聞かれ大変残念です。
岩手県の陸前高田に住んでいた私の知人も未だに安否が判りません。大変心配ですが、唯
情勢を見守るしかありません。

透析さん、私事で大変恐縮ですが、どうも私もてる坊さんの二の舞になったようです。間もなく(4月19日)入院治療になる予定です。
ここには透析さんの真面目で真摯な書き込みに大変好感を持って、私も度々投稿させて頂くようになりました。大変ありがとうございました。もし可能なら(病室にパソコンが持ち込めるなら)これからも投稿させて頂きたいと思っています。
私の場合はてる坊さんと違って年令も既に70才を過ぎており、仕事も家庭のこともやり遂げたと言う実感がありますので余り悔いる事はありません。唯、残された時間を出来る限り有意義に過ごしたいと思っています。
亀さん 2011/04/10(Sun)17:00:36 編集
Re:久しぶりの投稿です。
亀さん、こんばんは…
この亀さんのコメントを読ませていただいて、ただただショックで言葉が見つかりません。
このブログは透析を基本テーマにしているブログなのですが改めて透析患者とその死について考えさせられています。
てる坊さんが天国へ旅立った事はとても悲しく自分自身の死生観を見つめ直す時期が長かった事もあり、今回の亀さんのコメントが悔しくて悔しくて堪りません…
亀さんはまだ70代ですよね、私の親父と同じ年代であると思います。
亀さんの病状が今どのようなものなのか分かりませんが、きっとてる坊さんは亀さんにまだてる坊さんの所に来るのは早いよと言っていると思います。
東日本大伸震災のショックも覚めやらぬ中、それに匹敵するような喪失感を感じえずにはいられません…
亀さんにはまだまだそのご活躍に期待している透析仲間の方も多いと思います、大変な事であると思いますが絶対に病気に負けず退院出来る日が来る事を祈っています。
悲しくて悔しくて酷い文章になってしまっていたら、すいません
亀さんには生きて来年も再来年もずうっとその先もマラソンや駅伝の話やネット囲碁の話、色んな国に行った時の話などたくさん色んな話を聞かせて頂きたいです…
亀さん、お願いです生きていて下さい。
2011/04/10 22:46
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  357  356  355  354  353  352  351  350  349  348  347  ≫
HOME
透析ブログ内検索
透析カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
透析医療関連検索

マイクロアド
旅行に行くなら
携帯用バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]