忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
プロフィール
HN:
透析さん
性別:
男性
職業:
全力で週3の人工透析
趣味:
映画鑑賞


My Yahoo!に追加
最新コメント
[12/31 すーさん]
[12/22 あぼん改めばす]
[12/02 すーさん]
[11/26 名無しの透析患者]
[11/21 真]
[11/19 ちかひめ]
[11/19 ちかひめ]
[11/06 すーさん]
[11/04 亀さん]
[10/31 すーさん]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

透析仲間の皆さん、こんばんは。
今日も寒さの中今週二回目の透析に行き何とか無事に帰ってきました(笑)

ロッテがパ・リーグ3位からの日本シリーズ制覇、ついでに日韓戦も圧勝しプロ野球シーズンも終わり、F1GPもセバスチャン・ベッテルがR・ハミルトンの史上最年少記録を更新してWチャンピオンに輝き、そのベッテルの所属するレッドブルもコンストラクターチャンピオンを獲得してF1も終わり、スポーツ観戦ファンの私にとっては少し寂しい季節になってきました。

それで、という事はもう年末なんだなあ、という事を改めて思い知った訳ですが

今年もインフルエンザが流行っているようですね、インフルエンザと言えば私達透析患者にとっては命を落としかねる原因ともなる恐ろしいものですよね

という事で私の通っている透析施設でも先週インフルエンザの予防接種がありました、一応希望制というにはなっているのですが、私の通っている透析施設の場合はまあほぼ強制みたいなものです(笑)

今年は1回目が確か3600円か3700円で2回目が確か2000円だったと記憶していますが(透析中透析後はまだ睡眠導入剤が残っているのでいくら払ったか性格に覚えていません、すいません)、これは全国的には平均的な価格のようですね、ちょっと高いなあと思ったのですが去年はどの位だったのですかね?後で自分のブログで調べてみます。

インフルエンザの予防接種が効いているのか私はおかげさまで透析導入後はインフルエンザにかかった事はありませんが透析患者は免疫力が弱いのでインフルエンザにはかからないように透析仲間の皆さんも気をつけて下さいね。

最後に今週の月曜日の透析前に行われた恒例の血液検査の結果です

BUN 45.0
クレアチニン 13.97
リン 4.1
カリウム 4.4

とこんな感じでした、全体的に低くてお叱りは無しでしたが、最近あまり多く食事を取らなくなってしまっているのでこんなもんなんでしょうね(笑)

今年も残すところ後1ヶ月半になりましたね、本当に早いものですね
今年は秋が短く早くて寒い冬がもうすぐやってきますので、透析仲間の皆さんも体調には気をつけてまったりとした透析生活を送って下さいね。

戻る   続く
PR
≪  347  346  345  344  343  342  341  340  339  338  337  ≫
HOME
Comment
無題
透析さんこんばんは!
前回は丁寧なお返事ありがとうございました。感激です。

イギリスの透析事情について分かる範囲でお教えしますね。
まず、イギリスの病院は、NHSという制度に基づいて運営されています。最大の特徴は薬代以外全て無料です。手術も入院もです。よって透析も無料です(日本はどうなんでしょう...?)
ですが無料であるがうえいろいろ問題もありまして、診察が予約制、手術一年待ちでその間に死ぬことも多々あるようです。もちろん救急もありますがどこまで機能してることやら...
プライベートと言って完全自費治療ですが、日本並みのサービスを受けられる病院もあります。

夫はNHSの恩恵に多いにあずかっていますので、サービスにはおおむね満足なようです。
NHSは一度中にもぐり込めればいいと思いますが、そこまでいきつくのが大変です。
私の夫はその病院の患者ではありますが、実際透析を受ける場所は病院内ではなく、まったく別の場所にある透析センター的なところです。
以前は病院内にあったんですが、大人の事情により閉鎖&移転になってしまいました。
私がそこのセンターについて嫌なことがあります。医師が常駐してないことです。週何回か来てるっぽいんですが、夫は夜透析なのでその時間にはとっくに帰ってます。
また医師がいないことにより、透析中に急変した時の対応についても不安です。ナースだけで手に負えなければ救急車を呼びますけど、本当に怖いです。
夫はまだ若い!ので関係ないですが、車いすやお年寄りなど、自力で通えない人のために自宅まで送り迎えもしてくれます。これも無料です。
ただし、住所ごとに相乗りらしいですが、タイミングが悪いと透析後2時間待ちとかザラです。皆文句言ってます。でもここでタクシー使っちゃうと、もうこのサービスは必要ないとみなされて次から利用できなくなる可能性がでてくるそうです。それは困るので待たざるを得ないわけです。見てると本当に気の毒です。
あとは、室内はそれぞれテレビがあって、激遅ですがワイヤレスでネットも使えます。一日に数回サンドイッチと紅茶、ビスケットの配給があります。付き添いももらえます笑
透析患者のこと考えてないサンドの内容なので笑えます。卵とチーズしかないとかしょっちゅうです。

ナースは主に外国人で、イギリス人は一人か二人です。うちの場合はフィリピンが一番多くてあとは中国、ポルトガル、ハンガリーかな。フィリピンはアクセントが聞き取りづらく何を言ってるか分からないときが多いです。
ナース以外にもシーツを取り替えたり、使用後のダイアライザーをクリーニングし、次の患者のためにセッティングする補助の方もいます。

夫の場合、穿刺の痛さはナースによると言います。上手い人は全然痛くないそうです。確かに上手い人は早い!下手な人はいつまでも腕の中で針をごにょごにょしてますね。
夫も冗談好きなものですから「君は○○点だね」とか言ってますよ。

夫は本当に自分の病気に対してポジティブで「トイレ行かなくていいから便利」「お手軽ダイエット」、移植してたときは「腎臓3つあるんだ、いいだろう」など冗談をよく言います。

先日、病院から正式に移植リストに載ったと手紙をもらいました。(実は1年前から載ってたらしいんですが、この対応の遅さもイギリスですね)
いつか来る移植の日に備えて、少しでも良い状態で手術を受けられるように今から準備していきたいですね。

全くと言っていいほど医学的なこと書けなかったですけど(汗)、イギリスはこんな感じです。

それではよい週末を。
nuu 2011/01/22(Sat)03:33:48 編集
Re:無題
nuuさん、こんばんはでいいですかね?
nuuさんこそイギリスの透析事情を詳しく説明して下さり、ありがとうございます。
NHSで少し調べてみたら国営医療サービス事業という事でしたがnuuさんの言われているように問題点もある制度のようですね。
日本の場合は自治体やなどにもよりますが透析患者は基本的に保険の利く治療に関しては負担は0です、これには薬代も含まれています、自治体などによっては一部上限付きで個人負担がある場合もあるようですが私は今のところ透析に関する医療費は一切負担せずに済んでいます。
不思議な事にこれ障害者手帳を取得して各種保険制度の申請をすると風邪で病院に行っても虫歯で歯科に行っても医療費の個人負担は無いんですよね、恩恵に与っている身でありながらも何かおかしいような不思議な気がします…
そう考えると日本は透析患者にとっては医療費などの面ではかなり手厚く保護されているものと思います、これも多くの透析患者の方の努力の結果である事と思います、私のような現在透析治療を受けている者にとっては本当に感謝以外の言葉は見つかりませんね(これ医療制度がどのように変わっていったかは詳しく書くとここでは書ききれないので割愛させていただきます)
日本の透析施設は結構多くて、ベッド数も少ないところからかなり大きな透析施設までたくさんの透析施設があります、夜間透析を行っている所もありますし送迎バスを持っているような施設もあります。
私の通っている透析施設はおそらく日本では中規模の透析施設で夜間透析(PM11:00までですが)も行っていますが、送迎バスなどはありません。
ですから私は自分の住んでいる駅から二駅先にある透析施設に電車に乗って通っています、最初の頃は自家用車で通っていたんですが私の通っている透析施設には駐車場も無いので駐車場代だけでも結構馬鹿にならない金額になってしまうので今は電車通院しています、冬は寒いので結構辛いです(笑)
私の通っている透析施設には医師は三人(院長以外は研修医などもいるので時々変わります)いて、常時一名は必ず医師が院内にいるようですが夜間は看護士さんの数も少なく三人か四人位+透析技師さん一人位で回しているようです。
透析施設に医師が常駐していないというのも少し怖いですね、送迎バスも一長一短あるようですしなかなか厳しいものがありますね。
私の通っている透析施設の院内は全てベッドで各ベッドに小型の液晶TVが付いていますがこれはカードを購入しないと見れませんし院内でネットをする事や携帯電話の使用も禁止されています、送り迎えに来る家族の方はよく見ますが付き添いだという人はほぼ見た事も無いですし食事のサービスもありません透析中に食事を取りたい人は自分で持ち込みするようになっています(一部病院では月額いくらかで透析食を出している施設もあるようです)、私の通っている施設は看護師さんや技師さんは全員日本人ですので言葉で困る事はないので助かっていますね、確かに穿刺の痛さはナースによりますね私の通っている透析施設では院長の穿刺がたぶん一番痛いです(笑)
それから私がnuuさんのコメントを読ませて頂いて一番感じた事はnuuさんの旦那様はとても前向きでユーモアがあり素敵な旦那様ですね、そういったところにnuuさんは引かれて好意を持ったんですかね?羨ましいです。
透析患者というと表向きは結構平然とした人が多いのですが、私を含め裏では悩んだり苦しんだりやっぱり色々とあります、もしかしたらnuuさんの旦那様も透析に関して悩みや苦しみもあるのではないかとは思いますがきっとnuuさんの存在がそれ以上に支えになっているのではないかなあと思います。
私も医学的な事はあまり分かりませんので何もその辺は何もお伝え出来ませんでしたが、旦那様の移植手術が早く行われるようになると良いですね。
長文になってしまいましたがnuuさんも旦那様と一緒に良い週末を送って下さいね(イギリスに住んでいる方とこうしてお話させていただいているのがなんだか不思議です(笑))
2011/01/22 22:28
初めまして
透析さん初めまして。
私はイギリス在住のnuuと申します。
夫(イギリス人)が透析患者ということもあり、時々ブログを読ませて頂いています。

私の夫は生まれつき腎臓が悪く、15歳くらいから透析生活に入ったそうです。
その後移植手術を受け、透析から解放された期間も約6年程ありましたが、また2年前から透析を再開しました。

今回コメントしたのは、シャントの詰まりを夫も経験したからです。
亀さんのようにバルーン治療をしたのですが、死ぬ程痛かったそうです。
なんでも急所攻撃より痛かったとか!?
皆さんあまりの痛みに悲鳴をあげるそうです。

亀さんは少しの痛み、とおっしゃっていますが日本とイギリスでは治療方法に違いがあるんでしょうかね。それとも亀さんが我慢強いのか...

夫の病院では、低反発素材のボール(野球くらいの大きさ)が支給され、一日10分揉むようにと指導されます。ちょっと音が弱いかな?と思ってもボールを揉んだ途端ブルンブルン言いだします。
今までもボールはありましたが、やはり揉み忘れてしまう時が多かったようで、私が寝る前に促すことにより揉み忘れもなくなりました。
それ以来シャントの調子も好調のようです。

ここの皆さんは既につまり防止対策を各々取られてるとは思いますが、ボール揉みは効果覿面のようですのでよろしければ参考にしてみて下さい。

私は患者の家族という、皆さんとは違った立場ですが、透析生活がどれだけ不便で大変か理解しているつもりです。
透析生活が少しでも快適になるように、もっと勉強して応援していきたいと思っております。
nuu 2011/01/17(Mon)23:00:05 編集
Re:初めまして
nuuさん、はじめまして、こんばんは。
イギリスは時差があるのでこんにちはですかね?
おそらく海外に住んでいられる方からコメントを頂くのは初めての事であると思います、このブログも国際的になってきました(笑)
旦那様がイギリスの方で透析患者さんという事もあって、そういえば私は海外の透析事情については知らない事が多いなあとnuuさんからコメントを頂いて感じました。
旦那様の現疾患は幼少期からのもののようですがイギリスでの透析事情というのはどういった感じのものなのでしょうか?やはりアメリカなどのように全て自己負担で保険加入していないと満足な治療を受ける事が出来ないといったようなものなのでしょうか?今度お時間がある時にでもぜひご教示お願いいたします。
旦那様は腎移植も受けられているようですが、やはり慢性腎不全という病気は様々な要因から発症するもののようで、悲しい事ですがなかなか腎移植に提供して頂いた腎臓を一生使い続ける事は難しいようですね…
シャントの詰まりですが、バルーン治療は正直痛いですよ物凄く、死ぬ程かどうかはケースバイケースであるとは思いますが(笑)
亀さんのケースとnuuさんの旦那様のケース、そして私の経験したケースでは血管の狭窄具合や狭窄の場所、血管の太さなどによっても違いがあると思いますが、nuuさんの旦那様は急所攻撃より痛かったというのですから相当な痛みがあったのだと思います。
透析といえば穿刺に関しても慣れるまでは(慣れてからもたまに…)本当に痛いです16ゲージ位の針を週に三回、一回に二度血管に刺す訳ですからね、またこれが時々刺した時に神経に当たる事があるので(この感覚は私だけかも知れないですけど)、透析に慣れた今でも穿刺の時には「今日は痛くないといいなあ」
と感じていますから(笑)
nuuさんのおっしゃられているゴムボールのようなものは私の場合シャントを作成した病院で退院するまで時間がある時にシャント(血管かも知れません)を育てる為に握って鍛えるようにと言われました、シャントの狭窄治療後には言われませんでしたので、それは担当した医師の方にもよるのかな?と思います。
今ではボール揉みとはまったく縁の無い私ですがシャント狭窄を起こしてからは毎日少しずつシャントのマッサージをしています、これはこれで少しは効果あるのかな?
nuuさんは日本とは違う環境で透析を受けている旦那様との暮らしで大変な事も多いと思いますが、何だかコメントからは可愛い印象を受ける旦那様を大切にして旦那様の支えになってあげて下さいね、透析患者は支えてくれる人の存在が有ると無いではかなり病気や透析に対する向き合い方が変わってくると思いますので…
またお時間ある時にでもコメントいただけたら幸いです。
ちなみにサッカー(フットボールかな?)好きの私としてはイギリス(イングランド)には一度行ってみたい国であります。
イギリスも寒いですよね、旦那様共々nuuさんも体調を崩さないように気をつけて下さいね。
2011/01/18 22:20
シャントトラブル、治療しました。
透析さん、
シャントトラブルに関する透析さんの経験談ありがとうございました。
私のシャントトラブルも多分透析さんがシャントトラブルの時に実施された治療と同じようなな処置だったのではないでしょうか?、

シャントトラブルのあった翌日、紹介状を持って総合病院に行って来ました。診察の結果、新たにシャントを作る必要はないが、血管が狭窄している部分があるのでバルンカテーテルと言うのを使って血管を大きくする処置をすると云われ、1時間ほど待たされた後その処置をしました。処置後、2~3時間安静が必要と買いわれ「一日入院」の手続きをさせられて午後3時頃まで病院にいましたが、実際の処置は1時間位でした。狭窄した血管部分をバルンを膨らませて広げる時に少し痛みを感じましたが、再手術で新たなシャントを作るよりましかと我慢していましたがね。処置してくれた医師の話では私の「シャント部は瘤みたいに膨れ上がった部分がありこの瘤が他の血管を圧迫して血管を狭くする傾向があるので将来はシャントを作り直した方が良いね」と言うことでした。そんな訳で大事には至らず安心しました。
亀さん 2010/12/04(Sat)15:54:44 編集
Re:シャントトラブル、治療しました。
亀さん、こんばんは。
今日は今週初の透析に行って来ました。
亀さんの行ったシャントトラブルの治療法は私の行ったものとほとんど同じみたいですね、ただ私は入院はせずに何とか日帰りで帰って来れました。
私もその時に「そこはたぶん狭窄しやすくなっているから何年後かには作り直さないと駄目かもね」なんて事を笑いながら軽く言われました(笑)
透析生活にシャントは絶対に必要なものですが、私は出来る事ならシャントを作り直す事無く透析生活を終えたいなあ
亀さんこれからますます駅伝やマラソンのシーズンですね、シャント大事にしながら年末年始のスポーツ観戦を楽しんで下さいね。
何はともあれ大事にならなくて良かったです
2010/12/07 00:21
シャントが詰まりかけました。
透析さん、
こんにちは、しばらくご無沙汰でしたが変わりありませんか?、
私も殆ど変わりなく過ごしていたのですが、今朝10時頃、左手首のシャント付近が何かチクチクするような痛みを感じて、手首を耳に当てて血流の音を聞いたのですが、音がしていないようであり、慌てて聴診器を当てて音を聞きましたが、音は聞けませんでした。これが良く聞いている「シャントの詰まりか」と思い、私の通う透析病院に電話した所「直ぐ来い」と言うことになり病院に行きました。先生からシャント付近を声を出しそうになるくらいの強さで揉みほぐされ飛び上がりましたが、その後、かすかに音が聞こえると言うことで通常なら午後の夜間透析なのですが、そのまま午前中に血流を130まで下げて(通常は200)透析をしてきました。
明日、総合病院で血管状況を検査してもらうことになりました。透析さんはシャントの詰まり経験ありますか?、私は初めてでしたが「良く気が付いたね」と看護士さんにほめられました。看護士さんの話では「普通、家ではシャントの詰まりに気が付かず、透析の為に病院に来て透析始める段になってシャントの詰まっている事が判るのよ」と言っていました。医師や看護士にいつも「シャントの音に気をつけなさいね」と言われていましたが、今日は本当にその意味が判りました。
亀さん 2010/12/01(Wed)16:52:00 編集
Re:シャントが詰まりかけました。
亀さん、こんばんは、お久しぶりですね。
しばらくここでコメントをお見かけしない間にそんな大変な事があったんですね、でも手術などの大事にまで至らなくて幸いでしたね。
私もほぼ亀さんが今回なったのと同じような症状でシャントが詰まった事がここ半年いない位にありますよ。
私の場合、恐らくシャントが詰まったのが土日のどちらかで月曜日の透析に行った際に血流が取れないのでシャントが詰まっているという事で亀さんが行ったようなシャントの部分をゴリゴリ揉み解し詰まりを取るという処置を私の通っている透析施設の医師が行ってくれましたが、その場で詰まりが取れずいつもと違う所へ穿刺して何とかその日の透析を行いました。
その数日後にシャントを作り直す為に透析施設に予約を取って貰ったシャントを作るのが上手な先生(確かにネットで調べたらこの紹介された先生というのは私の住んでいる辺りでは結構有名な方でした)の病院に行って診察されて前回の処置よりも3倍位痛い事+αの処置を施されて何とかシャントを作り直す事は無く済みました(処置後の血流を良くするというような点滴をした時間を入れて大体一時間位でした、正直診察を待っている時間の方が長かったです(笑))
その後しばらくの間は透析の際に亀さんが行ったように血流量を下げて行っていましたが、今はもう普通の血流で透析が出来るようになりました。
私がその後に自分で行っているのはシャントの接合部をよくマッサージしたりしているくらいですが、まだ今の所は透析時にも正常にシャントを使い続けています。
シャントの詰まりは私達透析患者にとってはいつか訪れる事なのかも知れないので、私もシャントが詰まった時は「ああ、ついにその時が来たか…」というような思いでしたが、良い処置をして貰いもう一度メスを入れないで今のシャントを使い続ける事が出来るようになっている事でよりいっそう透析患者にとってのシャントの大切さが見に染みました。
亀さんもシャントの状態が落ち着きを取り戻すまで無理しないでシャント大切にしてあげて下さいね。
2010/12/01 23:31
風邪をひきました、
透析さん、
こんにちは、お久しぶりです。
風邪が流行っているのですかね?、私は新型と流行性のインフルエンザの予防注射を10月半ばにうっていたのですが、先日、風邪をひいて喉が痛くセキと鼻水が出て困りました。透析病院で薬を処方してくださり、それを飲んで3日目には直りましたが、透析患者が風邪ひくと免疫力が弱まっていますので大変ですよね。
私の透析生活も丸5年が経ちました。透析さんと同じで「全力で闘わない透析生活」をしているせいか(?)わりと透析が苦にならず、行き当りバッタリの生活をしていますが、風邪などをひくと急に心細くなります。

透析さんの血液検査の数値はとても良いですね、私も悪い方ではないのですが、最近、鉄分の数値が低くて心配しているのですが、先生達は何も言われないので大丈夫なのだろうとは思っています。ちなみに私のデーターは、

BUN   :48.9
クレアチニン:13.33
リン    :4.3
カリウム  :4.8
血清鉄   :23

いよいよ、駅伝、マラソンのシーズンが来ます。12月になったら殆ど日曜日ごとにマラソンか駅伝があり楽しみです。
亀さん 2010/11/20(Sat)10:23:31 編集
Re:風邪をひきました、
亀さん、こんばんは。
亀さん風邪ひいてしまっていたんですか、でも完治したとの事で少し安心しています。
透析患者にとってはインフルエンザも風邪も免疫力の低下によって合併症を併発する可能性があるので大変ですよね、処方された薬は定番のPLとロキソニンですかね?私の通っている透析施設ではこの2つに+して胃薬というのが風気味だと言った時に処方される薬の定番です(笑)
亀さんも透析歴5年目ですからかなり透析生活の過ごし方に慣れてきていらっしゃると思いますが、私は最近透析導入時のような状態に戻って約2日に1回の透析に行くのがめんどくさくなってきてしまいました(笑)最近夜はもう寒いですしね…
私の最近の血液検査の結果が良いのはあまり多くの食事を取っていないのと果物などをほとんど食べていないからだと思いますが、亀さんは相変わらず血液検査の数値が良いですね優良透析患者だと思います、鉄分の数値が低いのは透析患者としてはどうしても仕方ない事であると思いますし私も今だに少し貧血気味なのですが、担当医からも看護士さんからも特に何も言われないのでどうしようもないですね(笑)
そろそろ亀さんの好きな駅伝やマラソンの季節ですね、確か先週あたりも何かよっていたような気がします(私はあまり興味が無いので詳しくなくて、すいません…)
駅伝やマラソンの季節という事はもう年末、そして年始が近づいているという事ですね。
1年が過ぎて行くのは早いものであっという間ですね、これからもっと寒さ増してきますのでまた風邪などひかないように気をつけて下さいね。
亀さんが元気に駅伝やマラソンを見て応援出来る年末年始になると良いですね。
2010/11/20 23:25
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  347  346  345  344  343  342  341  340  339  338  337  ≫
HOME
透析ブログ内検索
透析カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
透析医療関連検索

マイクロアド
旅行に行くなら
携帯用バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]